パパを探すことにしたのですが、この時に知り合った方がいたんです。
その人は同年代の女子大生で、彼女にはすでにパパがいて、その日常をツイートしている方でした。
お互いにフォロバし合う関係にもなっていて、趣旨違いのDMの嵐のことについてちょっと相談してみようかなと思いました。
その女子大生はパパからたくさんのお小遣いを貰って、かなりゆとりのある生活を楽しんでいる人のようでした。
私がパパの募集をしてみたところ、体の関係を求めるものがほとんどだったり、誹謗中傷するようなものがたくさん送られてきたことを話してみたのです。
すると「それはね、やっぱり無料のサービスだとそういう人しかいないんだよね」という回答がやってきました。
さすがにパパを作っているだけあって、とても詳しい様子で話しだしてくれたのです。
彼女の場合は食事パパを無料のサービスで募集することは絶対しないと言ってきました。
「無料のサービスで結局、誰でも使えるからろくでなしばかりって感じかもね。最初ね私もツイッターで募集した経験があってね、そういう時はやっぱり体を目的としたものばっかりだったり、まるで恐喝するような事までかいてくるような奴らもいたんだよね。やっとまともそうな人と待ち合わせができたと思ったら、ホテルに連れ込まれそうになっちゃって、慌てて逃げたよ」
ツイッター上ではパパ募集を実現することは、事実上不可能であるというのが彼女の結論のようでした。
それでも今はお金持ちの優しいパパを見つけられて、サポートを受けられているんですからね、どうやって知り合ったのかってやっぱり興味があって聞いてしまったんです。
ビジネス英語学校に通うお金がない私としては、どうしてもサポートしてくれるパパは必要だったんですから。
彼女に担当直入に聞いてみたのですが、そうしたら「パパ活サイトがおススメになるよ」と教えてくれたのです。

 

女性は完全無料定番サイト男性だけ有料
パパ活サイトBEST5
パパ活の成功者に教わったサイト